So-net無料ブログ作成
検索選択

南海電鉄 汐見橋線 [乗り物]

木曜日 カレーを食べて 献血した後 JRで三国ヶ丘まで出た後 南海で岸里玉出まで行く なぜ三国ヶ丘かは後日機会があれば記事にします でお目当ての汐見橋線(高野線)に乗ってみる

 

 

上左は南海高野線りんかんサンラインのホーム 上右は南海汐見橋線(高野線)のホーム ちなみに南海のHPには汐見橋線という名称は無いのですが 各種地図には汐見橋線と記載されているので ここでは汐見橋線と表記します 下左 右側の行き止まりの線路が汐見橋線 左のホームは南海線空港線のホーム 下右 1時間に2本 つまり30分に1本しか電車が走ってない 都会のど真ん中でこの本数はすごい 能勢電より少ない(笑) 十分単線でも運行できると思うが ちゃんと複線電化(笑)である 噂?によると将来なにわ筋線が出来たときに乗り入れする為に路線を維持しているのだとか でもseemoが生きてる間になにわ筋線って出来るかどうかわかんないよね 近い将来廃線になるかもしれないですね

2扉仕様の2両編成 ワンマン運行です 

2扉仕様なので シートが長い これが本当のロングシートですよね

先頭車両より 汐見橋駅を望む

汐見橋駅

行き止まりを強調する為か 赤く塗られた車止め

駅構内にある池に泳ぐ金魚 こののどかさがたまらない 都会のど真ん中ですが 程よくローカルで ゆっくりと時間が流れていきます 

役10分の旅を満喫したあと 京セラドーム方面へ歩いていきます

 

汐見橋駅の前 千日前通りは 阪神なんば線の工事中

木津川から西道頓堀川に入る所の水門 木津川と西道頓堀川は水位が違うんですよね(たしか西道頓堀川のほうが高いはず) のでいわゆる水上エレベーターなる仕掛けがあるんですよね なんと水上エレベーターが稼動している所に遭遇したんです その様子はまた後日 引っ張るよ~ん(笑)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

極もん

何度か乗ったことありますが、汐見橋線って何ともいえないいい風情がありますよね。都会の中でこんな路線があるとは何とも不思議です。

なにわ筋線計画はなかなか進展していないようですが、もし実現となると、汐見橋駅付近は地下化されてしまって、その風情が失われてしまいます。また、ラピートをこちらから新大阪まで走らせるとすると、難波発着の本数を減らさなくてはならなくて、そこをどうするかが南海が悩むことになります。

個人的にはそういうことにならないように、なんばパークスを作る前にその地下にラピート用ホームを造っておいてそこから、なにわ筋線に乗り入れるようにすれば良かったのにと思うのですが、なにわ筋線計画自体が進展していないので、どうにも・・といったところでしょうか。

ちなみにJR難波駅の先はなにわ筋線乗り入れに備えて線路をカーブさせてあります。また、阪急十三-北ヤードの計画線は元々「なにわ筋連絡線」という構想でこのなにわ筋線に連絡するための路線だったんですよ。
by 極もん (2007-09-16 01:39) 

seemo

極もんさん コメント有り難うございます
  いいですね 汐見橋線 たった10分ですが
  いつまでも乗っていたいと思わせます
  汐見橋の駅はそのままにしておいて
  いざなにわ筋線が出来たら ラピート用の
  連絡線をつくってもらいましょう ラピートが
  汐見橋に停車することは無いでしょうしね
  でも 本当に出来るのかな なにわ筋線
  成田新幹線みたいにならなければ良いですが 
by seemo (2007-09-16 22:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。